オランダ移住を総合サポート

30分の無料コンサルはこちら!

経験豊かな移民弁護士と日本人スタッフがオランダへのビザ申請をサポートします!

よくある質問への回答も合わせてご覧ください

YourLegalsではオランダ移民法のスペシャリストが世界中の人々や企業にサービスを提供しています。

当事務所の移民法弁護士、及び日本人現地スタッフがあなたのビザ申請やオランダの移民に関する様々な問題についてサポートします。フォームやLINEから日本語で気軽にお問い合わせください。当事務所の現地日本人スタッフと移民弁護士があなたの状況を把握しサポートを行います。

経験豊富な移民弁護士団

これまで合計1000件以上に及ぶビザ申請や移民に関連する、実績ある当事務所移民弁護士が豊富な経験を元に効率良くビザ申請を行います。

オランダ個人事業主ビザ取得

日蘭通商航海条約に基づくオランダ個人事業主ビザは、ほとんどの日本人のオランダ移住を可能にしています。YourLegalsではこの個人事業主ビザ取得を移民弁護士、日本人スタッフのサポートのもと、安心して行うことができます。

個人事業主ビザ取得の条件はこちらをご覧ください。

家探しや生活サポート

家探しはオランダ移住プロセスの難関です。YourLegalsと繋がりのある不動産業者やウェブ検索などにより家探しのサポートを行っています。日本人現地スタッフによる内見同行も含まれた心強いプランになります。オランダでの家探しに関する情報はこちらをご覧ください。

その他、学校探しを始めとした生活サポートもご希望に応じて行うことが可能です。お子様連れの移住例はこちらをご参考ください。

オランダ移住ビザの申請ステップ

1

お問い合わせ

フォームやLINEからお問い合わせください。
2

無料相談

30分のオンライン無料相談か、メールでの相談を行います。
3

見積もり作成・お支払い

費用の入った見積もりに対してお支払いしていただきます。
4

ビザ申請

費用のお支払いをしていただき必要書類を提出していただき、ビザ申請を開始します。
5

オランダ渡航

オランダに渡航していただき、INDや市役所で手続きを進めます。
6

ビザ交付

ビザが交付され、オランダへの居住者としてのIDカードが発行されます。

移住とビジネスサポートのエキスパート

オランダ移民法を専門とする弁護士や日本人スタッフがオランダ移民申請のサポートを行います。またオランダ国内の企業との強力なネットワークをもったスタッフが法人設立、ビジネスサポートを行うことも可能です。

Veli Arslan フェリ・アースラン

代表弁護士

アムステルダム自由大学およびウィンデスハイム応用科学大学を卒業。国際マーケティング管理および刑事(ビジネス)法を研究。研究課程修了後法律事務所を開設し、そこで弁護士として起業家のサポートを行う。15年間勤務後退職。2018年に法律の分野でイノベーションを起こすためのリーガルテックスタートアップYourLegalsを設立。

現在、YourLegalsの代表弁護士およびマネージングディレクター。オランダ国内外のさまざまなクライアントにサービスを提供しています。 リーガルテック、ビジネスおよび労働法に焦点を当て、より具体的な学際的な法的問題やビジネスの実証が必要な移民申請に大きな価値をもたらしています。

Brian Lit ブライアン・リット

移民弁護士

2001年にアムステルダム大学を卒業し、家族法と少年法を専攻。 2001年後半亡命法と移民法に特化した亡命希望者のための法律扶助財団で亡命弁護士としてスタートしました。

2004年オランダ弁護士協会に弁護士として認められ、法律事務所Altattorneysを共同設立。
弁護士会のメンバー、および移民および難民問題の法的援助に関するワーキンググループのメンバー。

オランダの法律扶助委員会により、移民法および亡命法や外国人の拘留の専門家として認定されています。

西尾真一朗

JapanDesk責任者

静岡県牧之原市出身。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科、東京の専門商社勤務を経て、様々な文化や価値観の混ざり合うオランダ、アムステルダムへ移住。個人ツアーガイド業、ライター業、ビデオ編集業などを経て現在、YourLegalsジャパンデスクの責任者を任されている(2019年より)。

移民弁護士とお客様のコミュニケーションパート、無料通話コンサル、家探し、ビザ申請サポートなど、YourLegalsでは多岐に渡って活動している。

休日は地元の人々と積極的に交流をし、自分自身の経験値を増やすことに努めている。ここ最近はYouTube「しんちゃんオランダ」にて、動画を通してオランダの様子を紹介することを趣味としている。

Engin Arslan エンギン・アースラン

移民弁護士

2000年にアムステルダム自由大学を卒業。亡命と移民法に重点を置いて刑法、憲法、行政法を専攻。

大学卒業後、UAF奨学金の申請者が難民として認可されるようになるため、難民学生のための財団UAFの入学役員を務めました。

2001年の終わりから亡命と移民に焦点を当てた亡命希望者のための法律扶助財団の亡命弁護士として働き始める。 2004年にはオランダ弁護士協会に弁護士として認められ、法律事務所Altattorneysを共同設立しました。

弁護士会、スペシャリスト移民法弁護士協会(SVMA)、および移民および難民問題の法的援助に関するワーキンググループのメンバー。
オランダの法律扶助委員会により、移民法、亡命法および外国人の拘留の専門家として認定されています。

Jeroen Jurg - ヤロエン・ユーグ

パラリーガル

Selwi Toksöz - セルウィ・トクソズ

パラリーガル

Max Kosian - マックス・コシアン

パラリーガル

「YourLegalsに所属する弁護士は、独立して自分のアカウントとリスクのために働いています。仕事の一部は、他の弁護士の一人が弁護士の責任と監督の下で実施できることを理解して、YourLegalsと提携しています。」

オランダへのビザの申請や移民に関する質問がある方はいつでもお問い合わせください!

お問い合わせ

ビザの種類

さまざまな種類の居住許可、居住許可を取得するために満たす必要がある条件、および帰化を通じてオランダ市民になるために満たす必要がある条件に関する基本情報を紹介します。

オランダでの5年間の連続滞在後、無期限に永住権を申請することができます。帰化を通じて、外国人はオランダ市民になることができます。永住権または帰化を申請できるようにするには、外国人がいくつかの異なる条件を満たさなければなりません。

個人事業主ビザ

オランダとの日本の貿易条約は、1913年にさかのぼるオランダと日本の間の条約です。この条約は当初、両国間の貿易、商業、海運を促進することを目的としていました。

この協定により日本人は個人事業主としての居住許可を取得することが非常に簡単になりました。これはアメリカと日本人だけに認められた特例措置です。

この貿易協定は日本人を対象としています。より正確には日本の自営業者や起業家が対象となります。

上記の資格を得るには主に2つの要件があります。 1つ目は、オランダで事業を立ち上げる必要があるということです。個人事業主、パートナーシップ、またはやや複雑なLLC(オランダ語ではBVと呼ばれる)のいずれかです。

2つ目は、起業家は少なくとも4500ユーロの金額をビジネス口座に預ける必要があります。 LLC(BV)が組み込まれる場合の追加の要件は、起業家が少なくとも25%の株式を所有している必要があります。

承認されると、起業家とその家族は最初に2年間の居住許可を取得します。 2年後、事業活動があり、投資された4500ユーロがビジネス口座に残っている場合、許可は5年間延長されます。オランダの日本貿易協定の許可は、これらの要件が満たされている限り延長することができます。最終的にはもちろん、永住権を得ることができます。

高度スキル保持者ビザ

高度スキル保持者ビザ制度は、企業が高度な技術を備えたスタッフを集めてオランダに移転する理由を比較的簡単にすることを目的としています。

このスキームには3つの主要な基準があります。最初は給与要件です。高度に熟練した移民としての資格を得るには、30歳未満の人が月額最低3299ユーロを稼ぐ必要があります(8%の休日給を除く)。 30歳以上の人は、8%の休日給を除いて、月額最低4500ユーロの給与を稼ぐ必要があります。

2つ目は提供される給与は市場に適合している必要があります。その意味は、提供された仕事に特定のプロフィールを持つ人にとっては、合理的な給与でなければなりません。簡単に言えば、学校教育やスキルをまったく持たない人は、トイレの掃除で4500ユーロを獲得することはできません。

3つ目は雇用主はいわゆる承認されたスポンサーでなければなりません。これは、入国管理局による事前承認であり、企業は十分に信頼でき、高度に熟練した移民の給与を提供できる必要があります。

高度に熟練した移民を雇用することを許可される前に、公認スポンサーの地位を申請する必要があります。 IND Webサイトには、承認されたスポンサーとして既に承認されている企業の公開レジストリがあります。

このビザが承認されると、高度スキル保持者の移民は労働契約の期間の長さに等しい許可を取得します。これは、数か月から5年の間で異なります。

家族も高度なスキル移民に加わることができ、オランダの労働市場で(事前の許可なしに)自由に働くことが許可されます。

永住権

オランダでの5年間の連続滞在後、無期限(永住)の居住許可を申請することができます。申請者がEUのすべての要件を満たしている場合、「EG長期滞在者」という表記が居住許可証に記載されます。EUの要件に違反した場合、申請者は、無期限の居住許可の申請の国内根拠に準拠してテストされます。申請者が国の要件の下でまだ資格がない場合は、現在のオランダの労働許可を延長できるかどうかが評価されます。

状況によっては、特定の特別な条件があり、一般的な条件とは異なる場合があります。そのような状況は次のとおりです。

永住許可は5年間付与されます。 5年後、INDは申請者の要求に応じて自動的に更新できます。詐欺、国家秩序の侵害、または国家の安全に対する脅威が認められた場合は無期限の居住許可を取り消される事があります。

調理師ビザ

日本料理を含んだアジア系料理の調理師向けのビザ。

オランダ国内ではアジア系の調理師の人で不足が深刻でこの対策のため日本料理の調理師であれば比較的簡単に滞在許可を取得することができます。

このビザはホテル、カフェ、レストランなどのホスピタリティ施設が対象となります。

このビザの申請には料理人が料理の正式な学校教育を受けたことを証明する必要があります。公式には、これはオランダの中級職業料理学校教育と同等のものである必要があります。実際には、当局は料理の教育がどのように実施されているかの確認を行います。

また料理の専門家として少なくとも2年の実務経験が必要です。シェフクックの高位の職位には、最低5年の実務経験が必要です。

ビジネス移住サポート

法人設立サポート

オランダはヨーロッパでも最も外国人が起業しやすい国です。法人税のメリットも大きく、ドイツやフランスより低い20万ユーロの利益に対し20.0%だけが法人税として課税されます。

オランダ法人の設立には資本金の最低金額もなく、現地の採用を行う必要はありません。オランダ人のディレクターは必要なく、日本人の方が100%保有する会社を設立することができます。

設立は正しい手続きを踏まえれば数日で行うことができます。手続きには弊社のパートナーが最安で最もスムーズに起業ができるようにサポートを行います。

会計士・税務サポート

起業後はオランダの基準に基づいた会計の書類の作成が必要になります。四半期毎のVATの申告、取締役会や会計資料の提出の際も弊社のパートナーの会計士がサポートを行います。

会計のルールや税務に関する法律は更新が多く、最新の情報をもったオランダ人の会計士を紹介します。また会計処理についても翻訳などの対応も行います。

住居サポート・生活サポート

オランダの住居探しのサポートを行います。予算やその他条件をお客様と確認し、そこから最適な物件を探し、内見や契約までのサポートを行います。オランダでは英語のできる人が申し込みをしないと大家が嫌がる事も多く、弊社のスタッフが大家との交渉などを全て英語で行います。

また入居後もインターネットの契約やゴミの捨て方などの質問を受け付けるLINEを用意します。

その他、お子様の学校探しや習い事に関することなど、生活に必要なサポートも気軽にお問い合わせください。

現地企業・スタートアップ紹介

弊社の顧問弁護士は20年以上のビジネス関連の法務を担当してきました。世界中の企業のオランダへの進出や、その逆のオランダ企業の世界市場へのアプローチへの手助けを行ってきました。

この豊富やネットワークを使いオランダへの市場調査やビジネスマッチングを行います。

オランダでの取引先の開拓、販売を行うための倉庫などの物流パートナー、ITの整備など現地企業との取引の際の様々な相談を受けることができます。

またヨーロッパのスタートアップハブと呼ばれるアムステルダムを中心にオランダ国内のITを始め様々なスタートアップの企業とのネットワークを持っています。このネットワークを活かしたスタートアップの紹介やマッチングもサポートします。

ビザ申請やビジネスサポートが必要ですか?

「お問い合わせ」から気軽にご相談ください。まずは日本人スタッフが無料相談を行い、あなたの状況確認やビザ申請についての具体的なステップをお伝えします。

その後、担当移民弁護士が各ケースを担当し、迅速に調査を行い、ビザ申請の際に発生する問題に対する最も適切な解決策を提供します。

YourLegals.
We make Law Smart!

お問い合わせ

友だち追加

このフォームかLINEからお問い合わせをお願いします。当事務所の日本語スタッフが早急に返答します。
無料30分オンライン相談の予約のできるリンクを送ります。

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.