CompanyTax

所得の30%が非課税になる30%ルール

By December 26, 2019 August 16th, 2021 No Comments

30%ルールとは何ですか?
30%ルールは特定のスキルを持つ外国人にとっての税制上の優遇措置であり、所得の最初の30%が非課税になります。言い換えれば、給料で支払われる1ユーロのうち、あなたが支払うのはこの0.70ユーロ分の税金だけです。外国人従業員は企業から給料を受け取るオランダに滞在の最初の5年間この制度を利用できます。

何が「特定のスキル」になりますか?
特定のスキルを持っているかどうかを判断するために、高度なスキルを持つ移民制度の給与要件に沿った給与水準が決められています。2020年の給与要件は、必須の8%の休日給を含み、非課税の手当を含まない年収3万8347ユーロ以上です。

30歳未満であり、この人がオランダの大学で修士号を取得している場合、必須の8%の休日給を含み、非課税の手当をのぞいて年収2万9149ユーロ以上です。

30%ルールの要件
「特定のスキル」以外に以下の要件は、30%ルールを適用するために満たす必要のある主な項目です。オランダの税務当局が異議を唱えることなく法律と判例法を解釈したため、これらの項目は長年に渡り、より厳格に適用されてきたことに注意してください。従って30%の裁定を申請する場合は、常にオランダの税理士に相談する必要があります。

  1. 従業員は「オランダに来る(incoming)」従業員と見なされる必要があります。原則として、従業員は以前にオランダに居住したことがなく、税務上のオランダ居住者になる以前にオランダの雇用主と雇用契約を結んでいることが必要です。
  2. オランダでの最初の就業日の2年前に、オランダとの国境から直線で150 km以上の距離に、24か月のうち少なくとも16か月滞在していたことが必要です。詳細はこのリンクを参照してください。
  3. 課税対象の給与が少なくとも38,961ユーロであることが必要です。

科学研究者と、オランダの公認教育機関によるマスターのタイトルを持つ30歳未満の個人には異なる要件が適用されます。

30%ルールに適応される個人

  1. オランダに拠点を置く雇用主と雇用契約に合意した従業員
  2. オランダの有限責任会社(besloten vennootschap)を設立し、自分のB.V.の従業員になる個人

オランダを拠点とする雇用主に雇用される従業員の次に、自分自身のB.V.(besloten vennootschap)を設立し、そのB.V.の従業員になる起業家にも適応可能です。 B.V.はオランダの法人であるため、オランダの法人税が課せられます。その結果、B.V.は従業員(100%の株主を含む)を雇用することができ、要件が満たされている場合は30%ルールを適用することができます。この場合、最低課税給与は47,000ユーロ(2021年)になります。

オランダに移住する個人事業主は税務上透明であるため、30%ルールを申請することはできません。


その他の要件はありますか?

「特定のスキル」の要件に加えて、次の要件があります。
•雇用関係がある
•雇用主によって他の国から採用された、または他の国で採用されて転勤した
•オランダでの最初の就業日から数えて2年前に、オランダの国境から150キロメートル以上離れた16か月以上オランダ国外に住んでいた。

 

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply