EntrepreneursTax

起業家(個人事業主)にとっての30%ルール

By January 7, 2020 February 29th, 2020 No Comments

起業家向けの30%ルール?
前回の投稿で、30%ルールについて説明しました。高度に熟練した従業員にの所得税の最初の30%を免税することのできる制度です。起業家はこの制度から除外されていると思われる方もいるかもしれません。しかし、実は起業家もこの税控除を利用できるのです。

どうやって?
法の領域にはさまざまな解釈があることに留意する必要があります。移民法の観点からは起業家ですが、同時に税法の観点からは従業員とみなされることもできるのです。

具体的にどの様に進めればいい?
DAFTまたはオランダの日本貿易協定の起業家としての資格を得るためには、申請者はここオランダで事業を立ち上げる必要があります。主に2つ方法があります。1つめは法的に所有者とは同じ存在ではない個人事業主を開くことができます。 2つめはLLC(合同会社)を法人化することもできます(オランダ語ではB.V.と呼ばれます)。これは、的に所有者の株主(=起業家)から独立した単独の独立した法人です。

個人事業主とは異なり、LLCは、CEO、マネージングディレクター、またはその他のものとして給与を支払い、給与を支払うことができます。この給与が「特定のスキル」を持つ人としてあなたを認定するのに十分高い場合(30%ルールのブログ投稿を参照)、税法の観点から、30%を利用できる従業員とみなすことができます。あなた自身のLLCから稼いだ給与は、最初の30%は免税となります。その移民法はあなたを起業家とみなし、この点に関して違いはありません。

簡単ですか?
簡単でもあり難しくもあります。

まず上に書かれていることは真実であり実行可能です。

難しいポイントはLLCを設立して30%ルールを申請することは、すべての起業家にとって有益ではありません。 LLCの費用を組み込むと、LLCを介して高い給与を支払うことができるようになります。このルートを選択するには長所と短所を慎重に検討する必要があります。

次のステップは?
YourLegalsの問い合わせからこの分野の専門家からアドバイスを受けることができます。当事務所の提携弁護士はこの制度の経験があり、長年にわたり信頼できる公証人や税務コンサルタントの紹介も可能です。

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply