オランダの教育

7歳児の学校の選択肢

By October 16, 2023 October 18th, 2023 No Comments

オランダに移住する家族にとって、子供の教育は非常に大きな関心事の1つです。特に7歳の子供を持つ家族は、オランダの教育システムや学校の選び方をよく理解しておく必要があります。この記事では、オランダの学校制度や教育方法を中心に詳しく解説します。

1. オランダの基礎教育: “basisschool”

オランダの基礎教育は「basisschool」と呼ばれ、4歳から12歳までの子供を対象としています。通常、子供たちは4歳でこの学校に入学しますが、法的には5歳からの学校教育が義務付けられています。7歳児の場合、通常は第3学年に入学します。

2. 公立学校 vs 私立学校

オランダには公立学校と私立学校の両方が存在します。驚くことに、私立学校も国の資金援助を受けており、学費は無料です。多くの私立学校は特定の宗教や教育哲学、例えばイエナプランやモンテソーリなどに基づいています。

3. イエナプランとモンテソーリ教育

  • イエナプラン: イエナプラン教育は、子供たちの自然な学習欲求を中心に据えた教育方法です。異なる年齢の子供たちが同じクラスで学ぶことで、互いに教え合い、学び合います。
  • モンテソーリ教育: モンテソーリ教育は、子供の自主性を重視した教育法です。準備された環境の中で、子供たちは自分の興味やペースに合わせて学習します。

4. インターナショナルスクール

オランダの大都市圏には多数のインターナショナルスクールが存在します。これらの学校は、外国からの移住者や駐在員の子供たちを対象としており、授業は主に英語で行われます。国際的なカリキュラムが提供され、多文化な環境の中での教育を受けられるのが魅力です。

5. 言語サポート

オランダ語が母国語でない子供のために、多くの学校で追加の言語サポートが提供されています。これにより、子供はオランダ語を効率的に学ぶことができ、地域のコミュニティにもスムーズに適応できます。

結論

オランダへの移住を検討している家族にとって、子供の教育は非常に重要なポイントです。オランダの教育制度は多様で、子供のニーズや家族の希望に合わせた学校を選ぶことができます。しっかりと情報を収集し、最適な学校を選ぶことで、子供にとっても家族にとっても充実した移住生活を送ることができるでしょう。

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.