Entrepreneurs新型コロナウィルス

個人事業主のコロナウィルスによる補助金受給

By March 24, 2020 No Comments

皆さま、こんにちは。YourLegalsジャパンデスクの西尾です。世界的な脅威である新型コロナウィルスはオランダでも深刻な状況になってきました。

2020年2月23日(オランダ時間)に発表されたオランダでの新たな新型コロナウィルスに関する政策は、以下、在オランダ日本大使館のサイトやDutchNews.nlをご確認ください。

https://www.nl.emb-japan.go.jp/files/100027295.pdf(大使館情報)

https://www.dutchnews.nl(DutchNews.nl)

昨日の発表前までは「1.5mの距離を保ってください。」「グループでの行動は避けてください。」といった注意喚起でしたが、今回の発表により厳格な規制となり、抵触すると罰金が課せられる仕組みになっています。これでもルールを守らない人が多い場合は、オランダも他国同様、ロックダウン政策に踏み切るとも言及がありました。外出する際や人に会う際は細心の注意が必要となりますのでなるべく外出を避けることをおすすめします。

なお(日本人の)個人事業主に対する補助金受給に関してですが、個人事業主は「(オランダ最低賃金)ー(自身の収入)」を返済義務なく得ることができる、事業資金を4000EURまで借りることができる、税金申請を遅らせることができる、などと言われていて、コロナウィルスにより影響を受けるオランダ在住の個人事業主の間で話題になっています。

一方、YourLegalsジャパンデスクのBrian Lit移民弁護士は、現時点(オランダ時間2020年3月24日)で申請すべきでないことを個人事業主に呼びかけています。永住権や市民権を持たない日本人個人事業主は、中でもオランダからの生活保護 Bbz(Bijstand voor zelfstandigen)は受けることが認められておらず、コロナウィルスによる救済措置も「生活保護 Bbz(Bijstand voor zelfstandigen)」として見なされているとのことです。よって補助金受給に関していえば、申請すると居住許可ルールに抵触する可能性があるとのことでした。

今回の救済措置は例外として見なされる可能性もあるようですが、現在YourLegalsジャパンデスクのBrian Lit移民弁護士が移民局(IND)への確認を行っていますので、分かり次第新しい記事を書いていきます。お持ちの滞在許可を維持するためにも、現時点での焦りは禁物です。

以下がアムステルダム在住者の補助金申請ページになっています。

https://www.amsterdam.nl/ondernemen/ondersteuning/sterker-ondernemen/

以下から世界のコロナウィルスの感染者数などのライブデータを見ることができますので、必要に応じてご確認ください。

https://www.worldometers.info/coronavirus/

では、最新の情報をお待ちください。

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply