EntrepreneursImmigration documents

オランダと日本の友好条約(DJFT)による個人事業主ビザ

By October 21, 2019 February 29th, 2020 No Comments

この条約の概要

ダッチアメリカンフレンドシップ条約(DJFT協定とも呼ばれます)は、2016年から実施されていオランダと日本の友好条約です。DJFT協定は、両国間の貿易と商業の促進を目的としています。

対象の方

DJFTは、日本国民を対象としています。より正確には、日本の起業家を対象としており、何らかの方法で個人事業主として自営業している人を対象としています。

DJFTはどういった移民制度ですか?

DJFTは日本の起業家とその家族がオランダで滞在資格を取得する非常に簡単な方法です。

何が必要ですか?

個人事業主として滞在許可を得るためには2つの要件が必要です。 1つ目は、オランダで事業を立ち上げる必要があるということです。これは、単純な個人事業主、パートナーシップ、またはやや複雑なLLC(オランダ語ではBVと呼ばれる)のいずれかです。

2つ目は、起業家は少なくとも4500ユーロの金額をビジネス口座に入金する必要があります。 LLC(BV)が組み込まれている場合の追加の要件は、起業家が少なくとも25%の株式を所有していることです。

滞在許可が認めれられた後

承認されると、起業家とその家族は最初に2年間居住資格を取得します。 2年後、事業活動があり、4500ユーロの投資が事業に残っている場合、許可はさらに5年間延長されます。オランダと日本の友好条約の許可は、これらの要件が満たされている限り延長できます。最終的にはもちろん、永住権を得ることができます。それについてはまた別の記事で紹介します。

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply