immigration

オランダ渡航前の住居探し

By July 14, 2021 July 16th, 2021 No Comments

皆さま、こんにちは。
ここ最近、家探しサポートについてのお問い合わせを頻繁に頂いています。
すぐに新生活を始められるよう、渡蘭前に家を見つけておきたいけどどうすればいいか、というご相談もございます。
ご本人様が現地にいらっしゃらないので難しい点はありますが、可能ではありますので一般的な流れをご紹介しますね。

オランダ渡航前に家を探す

ご到着1ケ月程前から、不動産情報サイトFunda (http://www.funda.nl/huur/) やPararius (http://www.pararius.nl) で物件を選びます。
お子様がいらっしゃる場合、どのあたりに学校があるのか、なども併せて見ておいた方がいいでしょう。

内見希望の場合は、すぐに記載されている不動産会社/オーナーに問い合わせましょう。
オンラインでの内見を実施してくれるところもあれば、断られる場合もあります。

何組もの入居希望者の中から、自分を選んでもらうためには、不動産会社/オーナーの不安を払拭しなくてはなりません。
いかに経済的に安定しているのか、どんな人物なのか、知ってもらい安心してもらう為にも、以下の資料を手元に用意しておきましょう。

英文での自己紹介文、その中には勤務先、給与、契約状況なども記載します。
銀行残高証明書(英語版が好ましい)

内見が済んでその物件に応募したい場合は、すぐにどのような情報/資料を提出すべきかを不動産会社/オーナーに確認します。
大抵の場合、パスポートコピー、雇用契約書、銀行残高証明書、自己紹介文をリクエストされます。

めでたく契約となれば、賃貸契約書を注意深く読み、署名をします。
契約には例えば1年間、2年間、または1年契約プラスアルファの契約、また、光熱費やインターネットを含んでいるもの含んでいないものがあります。契約書を熟読し、疑問点をしっかり解消しましょう。

署名や契約に応じた支払いは、迅速に済ませます。
オランダの銀行への送金をスムーズに行うため、Transferwiseなどの有効活用をすると良いでしょう。日本の銀行から振込手続きを行うと日数を要し、なおかつ手数料も高額なことが多いです。

約束の日程に鍵を受け取り、入居開始となります。
入居時に家の壁、フロア、家具にダメージがないか、また家具付きの家であれば、食器など付随しているものが何セットあるのか細かく確認します。証拠として、写真をできるだけ撮っておくことをお勧めします。退去時にダメージや紛失が見つかった場合、契約時に支払ったデポジットから差し引かれます。

オランダでの家探しの詳細は、以下の記事も是非ご覧ください。

オランダでの家探し
オランダ家探しの実態

YourLegalsでは、お客様に代わって現地へ行き、ご希望であればビデオ通話にて一緒に内見、その場で質問や通訳も可能です。

YourLegalsジャパンデスクの無料コンサル

YourLegalsジャパンデスクでは、日本人スタッフによる30分の無料通話コンサルを行なっています。こちらのページより気軽にご連絡頂けますと幸いです。
オランダでのビザ、ビジネス、家探しなどに関してなど色々とお話させて頂くことが可能となっています。

YourLegalsジャパンデスクのサービス

オランダ移住をご希望でしたらYourLegalsジャパンデスクまで気軽にお問い合わせください。オランダ移住希望者の家探しサポートやビザ取得代行のサービスなどを、現地在住の日本人スタッフ、オランダ人の移民弁護士、ビジネス弁護士による手厚いサポートで行っています。
また、住居探しサポートのご依頼のみを承ることも可能です。お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡下さい。
(House Hunting プラン)
- 最大50件の物件コンタクト
- 日本人スタッフによる最大20時間の内件同行
- 物件契約の際の通訳や翻訳のサポート

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply