Jobs Immigration

日本人調理師向けビザ解説②

By January 17, 2020 February 24th, 2020 No Comments

皆様、こんにちは。YourLegalsジャパンデスクの西尾です。前回に引き続き、調理師向けのビザ情報をこちらに記載していきます。

アジア系調理師向けのスキーム

さて、前回のこちらの記事にて、オランダのホスピタリティ産業の労働者が不足していることをお話させて頂きました。

*繰り返しますが、ホスピタリティ産業とは主に人的接客サービスを提供する業種で、レストラン、 宿泊業、旅行業等を指すとお考えください。この文章を読まれる方は「レストラン系」と理解しても良いかと思います。

今回は、以前紹介させて頂いたこちらの記事のアジア系調理師向けのビザ取得の内容を、より分かりやすく解説していくこととします。

近年のオランダでのホスピタリティ産業の労働力不足により、2014年にアジア系調理師向けのビザの取得に関する新しい仕組みができました。これにより、オランダでアジア系の調理師ビザを取得するハードルがグッと下がったことになります。アジア系調理師の「アジア」とは具体的に「日本、中国、ベトナム、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、タイ、チベット」の国籍を所有する調理師が対象になっています。つまり、上記の国籍を持つ調理師は比較的容易にオランダで調理師として仕事をすることができるということになります。上記の通り、この枠組みに日本人が含まれています。

日本人シェフの移住条件

このビザに申し込む調理師は、正式な調理学校を卒業している証明が必要になります。公式には「オランダの中級職業料理学校教育と同等のもの」という決まりがありますが、これに関しては一度、ご自身の調理師としての経験をまとめYourLegalsジャパンデスクまでお問い合わせください。オランダ移民弁護士側に相談することが可能です。

日本人の場合、焼き物、煮物、揚げ物など日本食を作る上で必要なスキルを身につけていること、お寿司に関しては新鮮な魚介の選別、美しい捌き方、美味しい酢飯の作り方などを体得している必要があります。

また調理師学校の卒業に加え、2年以上の日本食に携わったという実務経験が必要です。より高位の職につく場合は、5年以上の実務経験が必要になります。

どこで働けるか

日本人調理師がこのビザでオランダ移住をする場合、アジア料理のホスピタリティ施設のみで労働が可能となります。つまり、例えばフランス料理やイタリア料理のレストランでは労働することができませんし、ご自身でお店を経営することもできません(お店経営などの場合は、別のビザ申請プロセスになりますので、これもYourLegalsジャパンデスクにお問い合わせください)。アジア料理のホスピタリティ施設という枠組みなので、日本食のレストランに限らず、上記で挙げられたアジア系料理の施設で就労が可能となります。

ホスピタリティ施設でしか仕事ができないというルールは具体的に「デリバリー専門のお店」「スーパーマーケットの寿司コーナー」などでは労働することができないということになります。デリバリーやスーパーは、ホスピタリティ施設とは見なされないからです。ただしスーパーの寿司コーナーで労働できるか否かという点に関しては、現在、制度の変わり目になっていることから今後、労働可能になる可能性もあるとのことです。

YourLegalsジャパンデスクのサポート

このビザを利用する利点として大きいのは、YourLegalsジャパンで繰り返し説明している個人事業主ビザとは違い、就職先のレストラン側からビザ申請をしてもらえるという点です。つまり、個人事業主ビザの大きなネックとなる「自身でビジネスを始めなければならない」ということがありません。YourLegalsジャパンではそのビザを申請してくれる就職先を探すというサービスも行っています。

また、この調理師ビザを取得した数年後に、個人事業主ビザなどに切り替えご自身でお店を経営するといったことも可能になるため、自由度は比較的高いと言えるでしょう。アジア料理のレストランなどでしか就労できないという制限はあるものの、オランダで仕事をするという大きな経験値になるのではないでしょうか?

最後に

オランダには多種多様なレストランがあります。オランダ料理、フランス料理、イタリア料理にスペイン料理といったヨーロッパ系の食事以外にも、中華街では多くの中華料理レストランがあり、インド料理、タイ料理、ベトナム料理など本当に多種多様です。もちろん日本食も人気で、お寿司、ラーメン、焼き鳥、カレーなど、様々な日本食を食べることができます。

私個人的には、まだまだオランダの日本食の味は日本の現在には程遠いのが現状です。このビザを利用して、一人でも多くの日本人シェフに活躍をしてもらいたいと願っています。引き続き、調理師ビザ関連の記事をあげていくこととします。オランダ移住関連の問い合わせはYourLegalsジャパンデスクに気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply