immigrationpermanent residency

オランダでの居住許可の延長申請

By February 14, 2020 September 9th, 2021 No Comments

皆様、こんにちは。YourLegalsジャパンデスクです。今回はオランダでの居住許可延長に関する内容です。

居住許可はいつまで発行されますか。

最初は限られた期間の許可が与えられます。例えば、個人事業主ビザを取得した方は最初に2年間の滞在許可が与えられます。また、高度に熟練した移民(高度スキル保持者ビザ)は労働契約の長さに等しい許可を取得することになります(これは数か月から5年までと様々です)。配偶者やパートナーの家族は、その対象者と同じ期間の許可証を取得でき、最大5年間実行可能となります。

もちろん居住許可の延長(ビザ延長)は可能です。オランダ移民局(IND)は、各々の要件が満たされているかどうかを評価し、満たされていると判断された場合は延長が可能です。この延長は通常5年間の許可が追加となります。

どのような必要条件がありますか?

高度な技術を備えた移民(高度スキル保持者ビザ)として日本人が入国した場合、2021年の基準では、公認スポンサーに雇用され4,752ユーロ(30歳以上)または3,484ユーロ(30歳未満)の給与を稼ぐ必要があります。日本人で起業家ビザを取得した方は、4.500ユーロが銀行口座にあり何らかの事業活動があることを示す必要があります。

つまり、この記事をご覧頂いている方のおおよそが個人事業主ビザを取得した方と想定すると、その方達は銀行口座に4,500ユーロの金額が保たれている必要があるということです。特に、ビザ延長の際や確定申告の際には「年末年始時点での銀行口座残高」を提出する必要などあるので、ここで確実に4,500ユーロを保っておいてください。

その他、オランダ滞在の期間に関してなど質問のある方は、YourLegalsジャパンデスクまで気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply