Entrepreneurs新型コロナウィルス

コロナ危機による個人事業主支援策Tozoが日本人にも適用

By April 18, 2020 April 22nd, 2020 No Comments

Tozoについて

オランダ政府はコロナ危機により収入が急減したフリーランスで活動している国民に対して金銭的なサポートを行う支援策を実施しています。この支援策はTozoと呼ばれ、2020年の3月1日の収入からが対象になり、少なくとも2020年6月1日までは実施されます。

また2020年4月17日のオランダ政府からの発表により、オランダ在住の外国人の個人事業主のフリーランスにもTozoが適用されるとの正式の発表がありました。従って、オランダ在住の日本人の個人事業主の方もTozoの支援を受けられる事になりました。

 

個人事業主へのサポートの内容

このサポートは主に分けて2つあります。

①収入のサポート

収入の減り具合や家族構成などにより最大1月あたり€1,500が支払われます。

収入のサポートは申し込みから4週間以内に支払いが行われ、最大3ヶ月間支払いを受けとる事ができます。

②ビジネスへのローン

€10,157を上限に、ローンを受けることができます。これは収入のサポートと違い返済が必要ですが、返済期間を延長する事も可能です。

 

サポートを受けれる条件

Tozoのサポートを受けるには2020年3月1日以降コロナ危機により困難な状況になった事を証明する必要があります。 

以下が条件になります。 

  • コロナ危機により、収入が社会的最低額を下回ったか、キャッシュフローに問題があり、ローンが必要になっている
  • 個人事業主として活動していて、年齢が18歳以上で住んでいる州の年金年齢(67歳前後)以下
  • オランダに合法的に住んでいる
  • オランダでビジネスを行っている
  • 事業主になるための法的要件を満たしていて、KvKに登録されていて登録番号を持っている
  • ビジネスに必要なすべての許可を持っている
  • コロナ危機までビジネスを通常通り行っていた 
  • 2020年3月17日18時45分より前にKvKに登録を終えている。年間最低1,225時間がビジネスまたは専門的な活動に費やされている。 1年以内にビジネスを開始した場合は、最低でも週に平均23.5時間をビジネスに費やしている 
  • 民間有限会社(dga)の所有者の場合は少なくとも50%の株式を保有している
  • 申請する自治体に住んでいる

 

申請の方法

申請はあなたが住んでいる自治体にする必要があり、各自治体毎に申請方法は異なります。

現在申請はオランダ語のwebサイトから行う必要があり、申請内容を間違った場合サポートを受けられなくなるだけでは無く、今後の滞在許可の審査にも影響が出る可能性があり慎重に申し込む必要があります。

YourLegalsジャパンデスクでは有料でTozo申し込みサービスを行っています。弊社のオランダ人弁護士と日本人スタッフと申請を行うことで正しい方法で申請することができ、不安なく申請を進めることができます。

料金 €181.50 (VAT込み)

 

企業への支援策

Tozoとは別に企業向けに€4,000ユーロの支援を受けることのできるTOGSという救済制度もあります。TOGSについては条件など個人事業主の場合と違うので詳細を知りたい方はお問い合わせください。

その他、オランダ移住やビジネスサポートに関してはYourLegalsジャパンデスクまで気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply