immigrationVisa application

オランダでの永住権

By September 10, 2021 No Comments

皆様、こんにちは。YourLegalsジャパンデスクです。
今回は長年オランダで生活をしていると気になるテーマ、永住権についてです。

永住権の申請と権利

有効な滞在許可を5年以上保持すると、永住権・市民権を申請する事ができます。
申請前の5年間、メインの居住地をオランダ国外に移していない事が条件です。

永住権と市民権の両方は、申請者が市民化試験または語学試験に合格することを必要とします。
基本的には、ある程度流暢なオランダ語でコミュニケーションが取れること。
簡単ではない言語ですが、オランダに長く住んでいく上で、言葉や文化を学ぶことは、大変有意義だと思います。
オランダ市民化テストではライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの4種類に加え、オランダに関する知識を問うもの、合計5種類の試験があります。市民化試験の練習問題は以下をご覧ください。合格していない場合、現在のビザを延長することは可能です。

https://www.inburgeren.nl/examen-doen/oefenen.jsp

また、永住権では申請者が十分かつ永続的な収入があることを要求しており、提出書類にて示さなくてはなりません。
永住権保持者はオランダで自由に働くことができます。雇用主が労働許可を持っている必要はありません。

永住許可を持っているということは、オランダ国籍の人とほぼ同じ権利を持っているということです。
市民権との主な違いは、国政選挙に投票はできない事、特定の政府分野(警察、軍隊など)で働くことも許可されていません。このためには、オランダ市民権を申請する必要があります。

市民権と国籍は同義に使われる場合が多く、日本は二重国籍を認めていないために、オランダの市民権を得た人は日本国籍を放棄しなければなりません。

オランダ滞在、ビザ各種に関してのご相談、またサポートのご要望については、YourLegalsジャパンデスクまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply