Story

日本人整体師のオランダ移住経緯

By December 23, 2019 March 23rd, 2020 No Comments

皆さん、こんにちは。YourLegalsジャパンデスクの西尾です。今回は2016年にオランダ移住をされた日本人整体師の移住経緯や現在の状況についてご紹介していくこととします。

日本人整体師の移住

私の友人に日本人整体師(セラピスト、マッサージ師)のRさんがいるので、彼女の移住経緯を紹介していきます。*これは彼女の運営するウェブサイトからの引用文も含んだ記載となっています。まずは経歴からご紹介します。

<Rさんの経歴>
2010年 : 大学卒業、整体サロン入社(店長経験、ダイエットコース施術数 全国3位)
2014年 : オーストラリア、バイロンベイにてサロン勤務
2016年 : オランダ、アムステルダムにてマッサージセラピストとしてサロン勤務(普通労働者ビザ取得)
2017年:BODY DESIGN THERAPY 開業(個人事業主ビザ取得)

Kさんは日本の大学(体育学科)を卒業し、約4年間日本で整体サロン勤務をしていました。もともとバスケットボールをやっていて膝の手術を経験するなど、常日頃から自身の身体と向き合ってきた背景があると言います。しばらく日本で働いた後、人間の心と身体の探求が始まり、自分のスキルがどれくらいまで通用するのか世界規模での挑戦を求めオーストラリアへの移住を果たしました(ワーキングホリデイビザ利用)。

オーストラリアでも様々な経験をされたようですが、コネクションも広がりオランダのサロンより労働ビザを提供してもらうことに成功(普通労働者ビザ利用し、オランダのアムステルダムに移住しました。普通労働ビザはオランダの企業側から「必要な人材である」と認められた場合にのみ、その企業がスポンサーとなりビザ申請を行ってくれるというものになります。詳しくはYourLegalsのお問い合わせよりご連絡ください。

現在、個人事業主ビザへの切り替えに成功し、Body Design Therapyを起業し個人事業主セラピストとしてアムステルダムを中心に活躍しています。個人事業主ビザ申請は移民弁護士サービスを利用することなく取得されましたが、これは彼女が海外経験豊富かつ、既に普通労働者ビザ利用でオランダに住んでいたという背景があるように思います。私の経験上、海外生活に慣れた方々はビザ申請の不安な状況をよく理解していることから、自分自身で申請手続きを行う場合も多いです。

オランダのマッサージサロンには、個人事業主契約で働くことのできる店舗があります。つまり、その店舗の部屋、設備を利用してお客様へのサービスを行うことができるということです。自身でサロンを構えるリスクなく起業ができると言い換えられるでしょう。お店にコミッションを支払う形にはなるものの、場所や設備、その店舗の知名度を利用できることから顧客が自然と店舗に来るという基盤があり、「全く仕事がない」というリスクを回避することができます(もちろん、お店に必要とされる人材であるということが前提条件となります)。

 

また、マッサージなど比較的固定客を獲得しやすい側面もビジネスを運営するには重要なことかもしれません。彼女は持論として「顧客の身体が正常になり、もう施術を必要としないこと」が、顧客にとって最も良いことであると述べていますが、それでも彼女の施術に惚れ込み、繰り返し訪問する人も多いようです。

例えば私のようなツアーガイドは「毎月来てくれる」などという固定客の獲得が難しいので、「来月はどのくらいお客さんが来るのか」といつも不安になりますが、整体やマッサージという独自のスキルを持った彼女は、そういった不安が私に比べて少ないことが予測できます。実際、彼女は非常に多忙でスケジュール帳もびっしりと予約が埋まっています。これは彼女の想いや技術、人間性が多くの人々に受け入れられている証拠であるのかもしれません。

また、オーストラリアで働いていた時は日本人整体師も多く働いていたことから、店内では日本語を話す機会も多かったようですが、オランダに移住して以来、オランダ人、ギリシャ人、中国人、コロンビア人、エジプト人、アメリカ人など多種多様な人々と共に働いているため、基本的には英語でのコミュニケーションが基本となっています。彼女を目的として来る顧客も、日本人に限らず色々な国の人々がサービスを受けています。整体師としてグローバルな環境で仕事ができることこそ、彼女の求めていたものの一つです。

彼女の現在

現在、オランダ(もしくは、グローバル)で整体師として活動したい日本人達への指導も行っています。オランダで整体師として活動するにはオランダ人の体格に合わせた施術や、そもそも、どの店舗と契約して働くのが良いのかなど、色々な壁が立ちはだかりますが、そういったことを真摯にサポートしているのも彼女の特徴と言えるでしょう。海外での整体師経験も豊富であることから、グローバルな視点から施術の方法を実践にて詳しく教えてくれます。

 

彼女はブログの中で以下のようなことを言います。

「国が違えば文化も違う。でも私たちは、例外はありますが、基本的に頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個を持つ人間です。海外でグローバルな視点を持って施術すると、日本人、オランダ人、アメリカ人とか、そういう概念はどうでもよくなり、視野が何倍にも広がります。身体の見方のみならず、人の見方も変わり、人にとって何が大切かが、学べるようになります。そんな、グローバルな視点を持つ、そして1人1人の大切な身体を扱うセラピストという仕事に誇りを持つ人を増やしたいです。日本で活躍するセラピストさんはたくさんいますが、世界は広い。海外でセラピストとして働いてみたいという人の背中を押してあげられる存在になりたい。」

「あなたの代替の利かない大切な身体と心を、もっともっと自分自身で大切に扱えるように、疲れたときに少しでもリラックスする時間を作って、あなたの人生をさらに楽しく、意識的により良く生きていけるように、身体のメンテナンスのお手伝いができることを願っています。」

オランダには、上記のように個人事業主の整体師として活躍する人がいます。海外での活動にチャレンジしてみたい整体師の方々にオランダという選択肢が挙がるのではないでしょうか?

Rさんの運営するウェブサイトはこちらになっています。興味のある方はぜひ気軽に問い合わせをしてみてください。移住関連の問い合わせはYourLegalsジャパンデスクにご連絡ください。

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Leave a Reply